人が生きている限り絶対になくならないのが医療になります。病院のシステムや治療方針は科学の発展によって変わっていくと考えられますが、仕事自体はなくなることがないですので、これから医療系の仕事に進みたいと考えているのであれば、狙いどころになるでしょう。

医療系の仕事といってもいろんな種類がある

ざっと想像することができるのが医師と看護師になる人も多いでしょう。治療をする仕事になりますので、医療系と想像するとこれらの職種が必然的にあがることになります。しかしそれ以外にも治療をする仕事があります。歯科医師や薬剤師は医師と並ぶ難関になりますが、それ以外となると保健師や救急救命士・理学作業療法士・言語聴覚士・臨床検査技師も治療を行う専門職です。

その他には診療報酬明細書であるレセプトを作成する医療事務も該当します。こちらは資格が必要ないことから誰でも就ける仕事になりますが、ただ民間業者の認定試験に合格をしておいたほうがスムーズに仕事に就くことができるでしょう。

職業として仕事に就くまでにハードルが高いものから、そうではないものまでいろいろとあります。自分の学力や費用の問題から、そして志を総合して考えると見つかりやすくなるでしょう。

就ける仕事とそうではない仕事について知っておこう

ほとんどの医療系の仕事は、試験に合格しなければ就くことができません。通信教育で資格を取得できる時代になっていますが、命に関わるまたは人間の尊厳に関与する仕事になっていることから、しっかり学校に通わないと資格を取得することができないことが多いです。医師や歯科医・薬剤師などはそれにあたりますが、サポートする看護師も大学や専門学校に通わないと資格を取得することができません。理学療法士などもそれにあたります。

一方、医療事務はそれほどハードルは高くありません。国の医療費が圧迫していることからレセプトの作成は重要な業務になるはずですが、特に資格は必要なく、民間業者の認定資格があれば便利というレベルです。ここに国家試験の義務は発生していません。通信でも勉強できますので狙い目な職種でもあります。

【出典】HMRクリニックの医療脱毛マジ料金!

責任感がないと勤めることができない仕事も多い

特に命に関わる業務になる医師や看護師は責任感がないと勤める事ができない仕事です。最近は責任感がないような事故が発生していることから、免許制度もささやかれるようになりました。それほど重要な業務であることを認識してください。その見返りになるのが報酬です。看護師はともかく、医師や歯科医となるとそれなりの報酬を受取ることができます。看護師も報酬は高めになりますので、これを目的に就職する人も多いです。

しかし圧倒的に何らかの志を持って学校に入学し、必死になって勉強してから資格を取得して就職をしている人がほとんどです。医療によって必要な職種は異なっていますが、それぞれに志を持って取り組んでいるのが現状になります。それがないような人は、入学して資格を取ってから大変な目に遭うでしょう。こんなはずじゃなかったと感じることになるはずです。

資格がなくても勤めることができる仕事がある

ほとんどの職種に資格がないと勤めることができないことが多いのが医療系になりますが、一部必要ではないことがあります。医療事務がそれにあたります。必然的に医療関係者と触れ合うことになりますので、女性で医師と結婚するような玉の輿になる話もチラホラと聞かれることから夢がある仕事のように感じる人もいるでしょう。

ほとんどが学校に行かないと資格を取得することができない職種ばかりですがドラッグストアの販売員になるための販売登録者や歯科助手のような仕事は通信旧育からも学ぶことができますので、どうしても医療系に進みたい方にとっては良い選択になるでしょう。これからこちらの道に進むことを検討しているのであれば、資格を取得することができる難易度にも着目をしましょう。年齢や費用が壁になることが多いです。

絶対になくならないこそ安定している仕事

医療の職種は絶対になくならないといっても過言ではありません。人間が生き続ける限り絶対に必要になる職種ですので、これからも存在し続けるでしょう。後期高齢化社会であるからこそ、社会のニーズも高まっています。しかし人工知能の進化から、これからなくなるような仕事も懸念されています。医療事務がそのひとつです。コンピューターに処理させるほうがレセプトも間違いなく処理できることがわかっていますので、これから就こうか検討しているような人は要注意です。

しかしながら治療を目的とした仕事はこれからもなくなることがありません。特に看護師は人手不足も懸念されていますので、若いこれからの人はもちろん、40代から別の道に進みたい方にもおすすめできます。学校も年齢が高めな人が入学してきていますので、これからも需要は変わることがないでしょう。