安定している職種になるのが医療系の仕事ですが、職種によって簡単に就けるものとそうではないものがあります。特に安定を求めて仕事を考えているような方はこの違いを良く理解しておくべきです。後から困ることになります。

今から考えるのは必然的に難しい職種になる医師

想像をしただけで今から資格を取得するのが難しいと考えるのは医師になります。遅くても中学校くらいから志を持っていなければいけません。まず医学部に入学するまでのハードルがあります。そのような理由から若いときから志が必要になるでしょう。また入学してからも大変になる職種です。比較的年齢が若く体力がないと今から学ぶことは難しいでしょう。

これは歯科医や薬剤師にも同じことが言えます。ただし医師と比べると、中年からやり直したい人たちも増えている傾向がありますので、費用の問題をクリアすることができれば、努力する価値がある職種にもなるでしょう。挑戦するだけの余裕があれば、職種に就ける可能性はあります。

中年の新入生も増えている看護師を目指す学校

看護師は病院のなかの縁の下の力持ち的な存在を担っています。治療をするのは医師になりますが、看護師の力がないと病院は動きませんので、需要がある職種です。こちらは通信教育などで資格を取得することができません。学校に通う必要があることから、なかなかハードルが高いと感じることもあるでしょう。しかし中年の新入生も増えている傾向がありますので、志を持っている方は挑戦できる分野です。

ただ費用と時間が問題になってきます。それなりにお金も掛りますし、入学しても、もしかすると自分の娘と同じ年齢になるようなこともありますので、その覚悟をしておかないといけません。また就職してから学ぶことが多い職種です。

通信教育で学んでから資格を取得できるコースもある

医師や看護師以外にも病院で資格を持っていないと患者さんに接することができない職種があります。そのような職種は専門の学校に通わないと国家試験を受ける資格さえも持つことができません。そう考えるとハードルが高く感じることもあるでしょう。しかし医療系の仕事はそれだけではありません。医療事務や介護士もそのひとつです。

医療事務は資格がなくても就くことができますが、民間業者の資格を取得している方が就職が有利に働きます。介護士の方は通信で勉強して実務教育を受けてから国家試験の資格取得を持つことができます。いろんな道で医療系の仕事に就けますので、まず自分が何になりたいのかを明確にしましょう。